JF北海道信漁連は海に生き、海を愛する、全ての人々の幸せを目指します。
トップページ サイトマップ
bar_yellow.gif
JF北海道信漁連とは?
JFマリンバンクとは?
経営方針
主な業績
企業案内
ごあいさつ
基本理念
JFマリンバンクの取組み
コンプライアンス体勢
リスク管理体制
社会的責任と貢献活動
役員等の報酬体系
お取り扱い商品
金融商品の勧誘方針
マリンバンク商品概要説明
貯蓄業務
金利情報
各種ローン
制度資金
その他の商品・サービス
マリンクレジット
手数料一覧
ふれあいだより
マリンバンクネット
店舗/ATM案内
リンク集
ローンシミュレーター
利用者保護について
利用者保護について
個人情報保護方針
利用者保護について
反社会的勢力への対応
反社会的勢力への対応に関する基本方針
privacy.gif
個人情報保護方針
公表事項等に関するご案内
情報安全管理基本方針
利益相反管理について
利益相反管理方針
中小企業者等金融円滑化法に関すること
金融円滑化に向けた取組みについて
金融円滑化にかかる基本方針
お客様のための苦情・相談窓口
金融円滑化にかかわる取組状況
法期限到来後の金融円滑化にかかる基本的方針、体制の概要および実施状況の説明書
貸付条件の変更等の実施状況(別表1、2)
ンプライアンス(法令遵守)態勢
コンプライアンス(法令等遵守)態勢の確立に向けた取組
 企業の遵法経営が強く求められる時代にあって、特に信用を生命とする金融機関においては、より高いレベルでの遵法経営が求められております。
 当会では、全役職員が例外なく守るべき基本原理である「倫理憲章」並びに遵守すべき法令等の解説などをまとめた「コンプライアンス・マニュアル」を制定しております。
 また、各部門においては、コンプライアンス推進や教育研修活動に関する取組み事項として、年度ごとに「コンプライアンス・プログラム」を策定、実践するとともに、原則半期ごとに会長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を開催し、当会のコンプライアンス態勢全般に関する事項の検討・審議を行っております。
 当会は、自らの基本的使命や社会的責任を果たし、社会からの信頼を確保していくために、役職員一人ひとりが不断の努力を行い、経営の健全性確保と透明性の高い組織風土の構築を目指しております。
コンプライアンス態勢図
倫理憲章の基本5原則
  1. 当会の基本的使命と社会的責任
    当会の基本的使命と金融機関としての社会的責任の重みを常に認識するとともに、健全な業務運営を通じてそれらを果たしていくことで、会員・利用者並びに地域社会からの揺るぎない信頼の確立を図る。
  2. 質の高い金融サービスの提供
    創意と工夫を活かした質の高い金融サービス等の提供を行い、道内漁協系統信用事業を支援することにより連合会としての役割を十全に発揮していくとともに、地域経済・社会の発展に貢献する。
  3. 法令やルールの厳格な遵守
    水産業協同組合法や定款をはじめとするあらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範にもとることのない、誠実かつ公正な業務運営を遂行する。
  4. 反社会的勢力との対決
    社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、確固たる信念を持って、排除の姿勢を堅持する。
  5. 透明性の高い組織風土の構築
    経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、系統内外とのコミュニケーションを図り、透明性の高い組織風土を構築する。
ページトップへ△
Copyright(c) 2014 JF Marine Bank Hokkaido  All Rights Reserved.
side_shadow.gif