JF北海道信漁連は海に生き、海を愛する、全ての人々の幸せを目指します。
トップページ サイトマップ
bar_yellow.gif
JF北海道信漁連とは?
JFマリンバンクとは?
経営方針
主な業績
企業案内
ごあいさつ
基本理念
JFマリンバンクの取組み
コンプライアンス体勢
リスク管理体制
社会的責任と貢献活動
役員等の報酬体系
お取り扱い商品
金融商品の勧誘方針
マリンバンク商品概要説明
貯蓄業務
金利情報
各種ローン
制度資金
その他の商品・サービス
マリンクレジット
手数料一覧
ふれあいだより
マリンバンクネット
店舗/ATM案内
リンク集
ローンシミュレーター
利用者保護について
利用者保護について
個人情報保護方針
利用者保護について
反社会的勢力への対応
反社会的勢力への対応に関する基本方針
privacy.gif
個人情報保護方針
公表事項等に関するご案内
情報安全管理基本方針
利益相反管理について
利益相反管理方針
中小企業者等金融円滑化法に関すること
金融円滑化に向けた取組みについて
金融円滑化にかかる基本方針
お客様のための苦情・相談窓口
金融円滑化にかかわる取組状況
法期限到来後の金融円滑化にかかる基本的方針、体制の概要および実施状況の説明書
貸付条件の変更等の実施状況(別表1、2)
社会的責任と貢献活動
浜の活動を支える協同の心
 当会は、水産業協同組合法の目的に基づき、協同組合運動を支える組織活動や教育活動に力を注ぎ、特に信用事業の発展に向け活動しているマリンバンク推進委員への研修・活動支援に努めております。さらに浜のリーダーの育成に力を注ぐとともに、漁協女性部・青年部活動にも積極的に参画することで人づくりと地域の活性化を進めております。
社会貢献活動(CSR)
海の子応援マリンちゃん定期 海の子応援マリンちゃん定期契約実績の一定割合を社会貢献として、「海の子作品展」参加小中学校に図書カードを贈呈しました。

社会貢献額 331万円
対象学校数 138校
マリンバンク推進委員会
マリンバンク推進委員会 全道の浜には、協同運動に情熱をもった2,147名のマリンバンク推進委員がおり、貯蓄・融資の推進や浜の相談役として活躍しています。さらに、推進委員はさまざまな浜の声を漁協運営に反映させるため、常会活動も行っています。
女性部・青年部
女性部・青年部 お魚殖やす植樹運動、浜のおかあさん料理教室や漁業の現場を紹介する出前授業など様々な活動を通じ、環境保全や魚食・食育の普及に努め、漁協事業を支えています。

女性部員数 7,251名
青年部員数 2,501名(北海道漁連調べ)
マリン塾
マリン塾 次代の浜を担う推進委員、女性部、青年部を中心に、浜のリーダーを育成することを目的とし、平成8年より開催しております。
年金友の会
年金友の会 現在の基礎を築いてくれた先輩たちに感謝し、生きがいのある老後を送ってもらうのが友の会の大きな目的です。

友の会会員数
全道52漁協 85友の会 9,050名
ページトップへ△
Copyright(c) 2014 JF Marine Bank Hokkaido  All Rights Reserved.
side_shadow.gif