JF北海道信漁連は海に生き、海を愛する、全ての人々の幸せを目指します。
トップページ サイトマップ
bar_yellow.gif
JF北海道信漁連とは?
JFマリンバンクとは?
経営方針
主な業績
企業案内
ごあいさつ
基本理念
JFマリンバンクの取組み
コンプライアンス体勢
リスク管理体制
社会的責任と貢献活動
役員等の報酬体系
お取り扱い商品
金融商品の勧誘方針
マリンバンク商品概要説明
貯蓄業務
金利情報
各種ローン
制度資金
その他の商品・サービス
マリンクレジット
手数料一覧
ふれあいだより
マリンバンクネット
店舗/ATM案内
リンク集
ローンシミュレーター
利用者保護について
利用者保護について
個人情報保護方針
利用者保護について
反社会的勢力への対応
反社会的勢力への対応に関する基本方針
privacy.gif
個人情報保護方針
公表事項等に関するご案内
情報安全管理基本方針
利益相反管理について
利益相反管理方針
中小企業者等金融円滑化法に関すること
金融円滑化に向けた取組みについて
金融円滑化にかかる基本方針
お客様のための苦情・相談窓口
金融円滑化にかかわる取組状況
法期限到来後の金融円滑化にかかる基本的方針、体制の概要および実施状況の説明書
貸付条件の変更等の実施状況(別表1、2)
主な実績
高い自己資本比率を実現と、一層の基盤強化を推し進めています。
損益の状況
 平成28年度収支は、漁協組合員・役職員、マリンバンク推進委員の皆さまのご理解とご協力により、経常利益16億4千2百万円、当期剰余金13億4千8百万円を計上致しました。
 なお、当期剰余金から当会会員に対し、出資配当2億3千2百万円(配当率2.5%)及び事業分量配当3億6千万円を実施致しました。  


貯 金
 JFマリンバンクグループによる全国統一キャンペーンと一体となった特別貯蓄運動を展開し、「春・JF女性連ふれあい運動」では、積立貯金の推進を積極的に行い、「第57回全道漁協みな貯金運動」においては、社会貢献型懸賞付定期貯金「海の子応援マリンちゃん定期」を重点的に推進しました。
 貯金残高は、平成29年3月末時点で6,528億円(前年対比+3億円)となりました。


貸出金
 新たな融資推進の取組みとして、「活力資金」・「災害資金」を創設し円滑な資金融通に努めました。
 また、設備取得ニーズの的確な把握に努め、農林中央金庫の利子助成を有効活用し漁業者の利息負担を軽減するとともに、漁業近代化資金等の融資推進を積極的に行い、生産基盤の確立に努めました。
 生活関連ローンについては、マイホームローン等を対象とした漁協独自企画に対する費用助成措置を継続し、推進体制の強化を図るとともに、生活関連資金への迅速な対応に努めました。
 貸出金残高は、平成29年3月末時点で1,119億円(前年対比△17億円)となりました。


ggg03.jpg
余裕金(預け金・有価証券)
 金利リスク等に配慮しながら流動性及び利回りの確保を図り、効率的な余裕金の運用に努めました。
 有価証券残高は、平成29年3月末時点にて338億円(前年対比△97億円)となり、預け金残高は、5,230億円(前年対比+129億円)となりました。
 

 ggg04.jpg  
自己資本比率
 経営の健全性を確保するため、還流増資と内部留保に努めた結果、平成29年3月末における当会の自己資本比率は、連結ベース(連結子会社数2社)で19.70%、単体ベースで19.09%となりました。

ggg05.jpg
ページトップへ△
Copyright(c) 2014 JF Marine Bank Hokkaido  All Rights Reserved.
side_shadow.gif